今井 幸子
有限会社 ヴィヴァーチェ代表

 

 

 

2011年6月
全米ブライダルコンサルタント協会
認定プロフェッショナル・ウェディングヴェンダー 取得
2000年
有限会社 ヴィヴァーチェに名称変更、代表となる
披露宴・チャペルの音楽の企画、
質の良い暖かい音楽の提供に全力を注いでいる
1995年
都内・千葉・埼玉などで演奏・音響・照明をプロデュース
1993年
オフィスマリアージュ設立
披露宴・チャペルなどの演奏をはじめる
1982年
ブライダル・エレクトーンプレイヤーとしてデビュー
  • ホテルエドモント
  • インターコンチ横浜・東京
  • ロイヤルホールヨコハマ
  • シェラトングランデ東京ベイ
  • 東京ベイホテル東急
  • サンルートプラザ
  • 東天紅
  • ロゼリアンなどで演奏

〒261-0013 千葉市美浜区打瀬3丁目6番1−609
Phone:043−350−1270 Fax:043−350-1277


〜 社名について ご紹介 〜

   創業からの「マリアージュ」は、「結婚」、その他に、ワインとチーズのように
    「とても良い相性・組合せ」という意味があります。
   皆様には、マリアージュのままご愛顧いただき、有限会社ヴィヴァーチェの婚礼部門のブランド名と
   させていただきました。

みずみずしいカサブランカの花をマークにした、ヴィヴァーチェの語源は、音楽用語。
伊)語の形容詞ですが「活発な、生き生きした…」と言う意味があります。

さらに、 Visual・視覚 Impression・印象 Variation・変奏曲 ArtisticSense・芸術的感覚

   Celebration・祝典 Empathy・感情
 の7つの要素を含んだ社名としました。

  

見えない音楽に命を吹き込み、シーンを魅せる音楽へと表現するのが、マリアージュの音楽の目指すところ。
機械や楽器を通しても、私たちの奏でる音楽には、情熱とやさしさを きっと感じていただけると思います。
 音楽や香りには、聞き手をふたたび その思い出の場所へ導いてくれる不思議な力があります。
マリアージュの音楽によって、生涯忘れられないステージとなって、鮮明に思い出されるのなら、私たちには、
この上ない幸せです。

真っ白な凛とした花びら…、甘く強い香りの花「カサブランカ」は、ブライダルには かかせなく、 裏方の音楽や
照明に反して、主役級の花。
 その香りは、かつて私が、再びこの世界のドアをあけ、演奏した日を思い出させてくれます。
 初心にかえって、真っ白な新鮮な気持ちを与えてくれるこの花を、Vivaceのマークに、一つ一つの大切な
シーンを美しく魅了するアーティストでありたいと思います。

                                          代表  今井 幸子


ブライダル音響
照明企画及び、オペレーション
チャペル・セレモニー・パーティー・イベント音楽の演奏
司会・演奏者養成・派遣
ブライダルアイテムの販売
ウェディングプロデュース
その他企画

         
1993年8月 オフィス マリアージュ設立
      美術館などで演奏活動を始める
             
1996年  空間にあう音楽造り
      レストランウェディングも手がける
                
2000年2月 有限会社 ヴィヴァーチェ設立・社名変更
      ブライダル事業部、名称として「 マリアージュ」を継続
 

 

 

有限会社 ヴィヴァーチェ
〒261-0013 千葉市美浜区打瀬3-6 1-609
Phone 043-350-1270  Fax 043-350-1277

Copyrights (C)2006-2015 Office Marriage All right reserved